カテゴリー
ニュース

子どもの声を届けよう!「子どものマスク自由化」を目指す緊急アンケート

市民団体リトルレボリューションでは、これまで園や学校生活においてノーマスクで生活できるよう、個別のサポートを行ってきました。
ですが、ノーマスクを選択した家庭以外では、多くの児童がいまだにマスクを”お願い”され続けています。
各市教育委員会にも意見を届け続けていますが、当事者の声として認識されづらい現状があります。

そこでもっともっと子ども達の”本当の声”を市政に、教育機関に届けるために、
地域を限定した緊急アンケートを「いわくに子どもの声を届ける会」との合同プロジェクトとして実施することに致しました。

該当する市にお住まいの保護者様、
どうか、アンケートを通してお子さんの本当の声を聞いてあげてください。
該当する市にお住まいのこどもさんたち、
是非、このアンケートに気持ちをぶつけてください。

アンケート地区対象外の皆様も全国版の署名へのご協力と
本アンケートのシェアを是非お願いします。




カテゴリー
イベント

たいせつなあなたへ 読書会&頒布会 vol.3

イベント詳細

[日時] 2022/6/11(土) 14:00-16:00
[場所] 岩国市錦帯橋公園内 吉香茶室
[参加費] ドネーション制
[申込み方法] 下記リンクボタンより、フォームでのお申し込み
[小冊子頒布] 上記時間を通して直販価格で対応可能です。
まとめ買いを希望される場合は前もってご相談ください。
頒布希望のみでも大丈夫です。
[ご参加にあたってのお願い]
ペットボトルなどで水分補給は可能ですが、建屋の破損、汚損の無いよう注意をお願い致します。 
お子様連れ可能です。
上記お願いを無理なく守れる範囲でのご参加をお願い致します^^
[お問い合わせ]info@litorevo.org


ご案内

 

岩国市で立ち上げた市民団体(申請中)リトルレボリューションでは、
この度「たいせつなあなたへ」というタイトルの小冊子を制作しました。
ありがたいことに、思いを同じくする全国の皆様よりお求めいただき、心を震わすご感想をたくさん頂戴しているところです。


どのような本でも、読書をするというのは
素晴らしい感動や体験をもたらすものですが、
こちらの小冊子のストーリーについては「読書会」に参加してみる、
というのはいかがでしょうか?
小冊子は私たちの「人権」と「マスク」の話がテーマです。

小冊子を囲んでこれからの未来について、
そして7月に迫った参院選について、皆様と語り合えたら幸いと考えております。

参加費については、基本無料とさせていただきます。参加してよかった!新たな出会いやきっかけを得た!という感覚があれば、そのお気持ちをドネーションに託していただければなお、幸いです。
ぜひ、ご参加ください。


日時:2022/05/21(土)10:00〜12:30
場所:アゼリア大竹 和室
会費:ドネーション制
ファシリテーター:アマンダ美帆
主催:市民団体 リトルレボリューション【お申し込み】
QRコード or リンクから
https://forms.gle/BGcoJP32AwShcy2P7

 

この小冊子を手にした際の感触から
あなたは何を感じるでしょうか?
表紙に目をやった際には、あなたは何を感じられるでしょうか?

その表紙を開いて、目次に目を通した時に
あなたはどの言葉に惹かれるでしょうか?

小冊子を読み始めた瞬間から
どんな感情が掻き立てられるのでしょう?

どうしてこんな世界になってしまったのかを
問いかけたくなるかも知れません。
正当化したくなる人もあるかも知れません。

なんとも言えないようなその葛藤や不安を
あなた自身の言葉で表現できるとしたら
それはどんな言葉なのでしょうか?

それはまるで、自分自身を眺めているような そんな感覚を得る体験になるかも知れません。

言葉にしたくて、できずにいたそのモヤモヤが
ここで解消されるかも知れません。
ぜひ、参加してみてください。

カテゴリー
イベント

たいせつなあなたへ 読書会&頒布会 vol.2

イベント詳細

[日時] 2022/5/21(土) 10:00-12:30
[場所] アゼリア大竹 和室
[参加費] ドネーション制
[申込み方法] 下記リンクボタンより、フォームでのお申し込み
[小冊子頒布] 上記時間を通して直販価格で対応可能です。
まとめ買いを希望される場合は前もってご相談ください。
頒布希望のみでも大丈夫です。
[ご参加にあたってのお願い]
ペットボトルなどで水分補給は可能ですが、建屋の破損、汚損の無いよう注意をお願い致します。 
お子様連れ可能です。
上記お願いを無理なく守れる範囲でのご参加をお願い致します^^
[お問い合わせ]info@litorevo.org


ご案内

 

岩国市で立ち上げた市民団体(申請中)リトルレボリューションでは、
この度「たいせつなあなたへ」というタイトルの小冊子を制作しました。
ありがたいことに、思いを同じくする全国の皆様よりお求めいただき、心を震わすご感想をたくさん頂戴しているところです。


どのような本でも、読書をするというのは
素晴らしい感動や体験をもたらすものですが、
こちらの小冊子のストーリーについては「読書会」に参加してみる、
というのはいかがでしょうか?
小冊子は私たちの「人権」と「マスク」の話がテーマです。

小冊子を囲んでこれからの未来について、
そして7月に迫った参院選について、皆様と語り合えたら幸いと考えております。

参加費については、基本無料とさせていただきます。参加してよかった!新たな出会いやきっかけを得た!という感覚があれば、そのお気持ちをドネーションに託していただければなお、幸いです。
ぜひ、ご参加ください。


日時:2022/05/21(土)10:00〜12:30
場所:アゼリア大竹 和室
会費:ドネーション制
ファシリテーター:アマンダ美帆
主催:市民団体 リトルレボリューション【お申し込み】
QRコード or リンクから
https://forms.gle/BGcoJP32AwShcy2P7

 

この小冊子を手にした際の感触から
あなたは何を感じるでしょうか?
表紙に目をやった際には、あなたは何を感じられるでしょうか?

その表紙を開いて、目次に目を通した時に
あなたはどの言葉に惹かれるでしょうか?

小冊子を読み始めた瞬間から
どんな感情が掻き立てられるのでしょう?

どうしてこんな世界になってしまったのかを
問いかけたくなるかも知れません。
正当化したくなる人もあるかも知れません。

なんとも言えないようなその葛藤や不安を
あなた自身の言葉で表現できるとしたら
それはどんな言葉なのでしょうか?

それはまるで、自分自身を眺めているような そんな感覚を得る体験になるかも知れません。

言葉にしたくて、できずにいたそのモヤモヤが
ここで解消されるかも知れません。
ぜひ、参加してみてください。

カテゴリー
イベント

2022/9/4(日) リトレボ講演会!

【お母さんのための、これからの時代に知っておきたい子育ての本質】

友だち追加

人権って、私たちの生活の中でこれまでさほど意識してきていません。
ですが、安心も安全も楽しいことも。全ては人権の基盤の上に成り立っていることを
知っていますか?

今、2019年から続くコロナ禍で一番人権を損なわれているのは誰でしょうか?

これからの時代をつくっていく子どもたちのまずはお母さんに
堅苦しくなく聞いて欲しいとの願いを込めて
講演会を企画します。

楽しいことを次の世代につなげていくために
大人がまず知っていくこと。

当日は講演会だけでなく、”シンポジウム形式”で講演者と会場来場者が意見を交わす時間も設けています。
これからの子育てどうしていけばいいのか、自分の言葉でお話してみませんか?

また会場参加だけでなく、一部の講演は録画での配信も予定しています。
会場に来られない方も広くご参加お待ちしております!

チラシのダウンロード、シェア大歓迎です💖

PDF Embedder requires a url attribute
カテゴリー
リトレボ徒然

本当の医者とは??

岩国最強説の後日談・・・

実は怪しみつつ、豊岳小児科の門を叩いたリトレボメンバーのYumi。
先生から手渡された怪しい(失礼!)和方を摂り始めて数日のこと・・。

豊岳先生に貰った和方ですが、お酒を飲む前に飲めって言われて飲むともうお酒飲む気がゼロになるんですけど・・・(笑)気づいたらお酒のことを忘れてるし😅

ウケる🤣

味ですかね・・・😂こういう健康法かぁと思って

わたしも漢方ははじめてですが、やってみたら内蔵冷えてたんだなぁと気付きましたわ笑

すごいですよね。私、江戸時代のお医者さんの徳、というかこういう人徳がある人を先生と言うんだと言うか
これまで普通の医師を先生と呼ぶことはあまりしっくりきてなかったのですが何かまたわかった気がしました

それ、わかります。感覚的なものね。

ただ医学部でてマニュアルてきなことしてるのは先生じゃないんだなぁ

そうなのですよ!だけど、そんなことする医者おらんわけです。

なんだろうって思って、やはり心があるかどうかなんだろうなと思いました。みんなそうしてるから、お金だってとりゃあいいのに😢
だけど先生はそうされないんだという、清々した感じ

志高く、自分に誇りを持つ方なのですよね。本当の医師であり続けるために生きてるような方ですね。

病気になって行くところじゃなくて元気なうちに行って病気にならんように話を聞くってこういうことかぁって思いました。

本来、診療所というのはそういう場所だったのですよね。
保険証があれば、あのようなぁ話会でも指導料を点数として国に請求できますからね。7割は診療代として先生のところへお金が振り込まれるわけです。

そんなこと思いもよらんかった。そういうことをしてくれる医師もいなかったし・・・😢
体現されてる方がおりようやくわかりました。

そう、だから患者からお金を取る必要がない、ということです。
保険診療だから、本来はそれで成立するものなんですよね。
二重も、三重にもお金を取る仕組みがあって、だけど他の医者らはその仕組みのカラクリに気づかない。気づいても知らん顔です。

他の医師どうしたーっ?て思った。でもそれがアタリマエ
何か医療は間違っていますね。こりゃぁいけん

いけん。もう、長く騙されて来たわけです。注射針一本で、人を殺すこともできるんだと、それを理解して診療にあたる医師が皆無なのは嘆かわしいが、それも日本の教育の成れの果てです。

豊岳先生がお金とらんってきいて、失礼ながらもうやけくそになっとるではないかと勝手に思ってました😂でもそうではないんですね

理に叶った考えがあるのよね。
ちょくちょく、何もないときでも豊岳院長に会いに行くといいですよね。

カテゴリー
ブログ

岩国最強説

子どもの発達と成長を本気で支えてくれる小児科小児科は
もはや、コンビニくらいあちこちにあるような気がしますが
#豊岳小児科24時間 365日休まず
どんな時も対応をしてくださいます。
https://www.hogaku-shonika.com/

子どもが小さいと何かと心配な症状があるから誰かに相談したくなることがあるししなきゃならないこともある。
だけど、どの小児科もいらぬ検査や処方をされがちで
あっという間に抗生剤まみれになって
腸内環境をめちゃくちゃにされちゃって
根本的な治癒を目指せなくなるループにハマっちゃうのよね。
そんな小児科は勧めたくない。
先日から、クライアント方から豊岳小児科の院長に美帆さんを会わせてみたい、
というお声を頂いておりまして。
実は、豊岳小児科の院長の妹さんRia うしゅまとは面識があり、
瞑想会やアーユルヴェーダのセッションを受けたこともあるのです。
院長のことも、うしゅまからはよく聞いており、
知らない人ではなかったのですが、会ったことはなく現在に至ります。


そんな折に、わたしの娘が生後4ヶ月の息子を豊岳小児科へ連れて行くことになりLINEで報告を受け、なるほどと納得したわけです。
漢方+和方の技を使われるのですね。


娘としては初の病院でもあり豊岳小児科が良いよという評判を受けて受診したようでしたが、現代っ子からしたら、失礼ながら昔からある診療所風味が怪しく感じられ…ここ、大丈夫なの?と思ったそうで…笑
だけど、診察室に入ったらいろんなことが腑に落ちていったって。
生後4ヶ月の息子くんの症状についても問題はない、こうすれば大丈夫という具体的な対応についてしっかり学ばせてもらいすごく、勉強になったと言っております。


紙オムツは虐待だよ、という院長の一言で布オムツのセットを購入して
今日から家にいるときは布オムツで過ごすようにすると決めたそう。
→私が勧めた時は、まぁ…でも手がかかるしwとかなんとか…
豊岳小児科の診察は政治や社会情勢教育の嘘についてまで話が及んで、1時間半もお喋りをしていたらしい笑
若いのに、この流行り感染症のカラクリや減塩の嘘などにも気付いてるとは!と、褒められたみたい笑

子どものワクチンについても、ズバリ指摘をくださいますよ。
子育てをするにあたり、何が大切なのか?
根本的なことをしっかり学びながら自然治癒できる身体作りをしていく視点が大切なんだと学んだようで
豊岳小児科にいってよかったーっと心から感じたみたい。


こんな時代だからね、小児科もあちこちにあるし新しくオープンした小洒落たクリニックもあるのですが…
本質的な子育てをしようとする保護者の皆様には豊岳小児科をおすすめします。

注)院長は変わり者と言われてます。だけど、診察の腕は良いし、嘘のない方です。ワシは儲けるために医者をしとらんのよ、が口癖です。世界情勢を理解しつつ、子育てへのアドバイスをくださる方です。

カテゴリー
ブログ

たいせつなあなたへ読書会 vol.2 開催記録

2022年5月21日

たいせつなあなたへ読書会 vol.2ファシリテーター役を務めました。
今回はたいせつなあなたへ制作に関わったメンバー2人も同行し、
イラストレーター 小松千尋さんが参加くださる中、制作秘話にも触れながらの会✨

参加される方々が持ち寄るエネルギーにより毎回、
この場に必要が起きていく優しい時間💕
感情を丁寧に開いていく瞬間には、悲しみや愛おしさに涙が溢れる瞬間もあり…
この小冊子を手にした時、あなたが何を感じたのかどんな場面に心が揺さぶられたのか気がついたであろう、小さな意識にフォーカスを向けた静かなひと時…

子どもたちの笑い声や話し声、息遣いが感じられる中で柔らかな時間を過ごしたのでした。

カテゴリー
その他

名刺QRコードから来訪された方へ

当団体のHPへのアクセスありがとうございます。
各種情報へのアクセスについては、下記リンクよりご参照ください。


ご質問等ございましたら下記コンタクトフォームより
お気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。

お問合わせフォーム

    お名前(必須)

    メールアドレス(必須)

    お問い合わせ内容

    お問い合わせ内容(必須)

    カテゴリー
    ブログ

    小冊子作成への思い

    【これは人権問題である】

    リトルレボリューションとしてFBグループでの発信は十分ではないのですが
    子どもの人権と健全な成長発達を見守るために考え、
    行動する視点での動きは継続中です。

    間違った感染予防対策の中で犠牲を強いられている子どもたちへの影響が最小限で食い止められるよう、できることを取捨選択しながら形にしています。

    まずはマスク着用を強制されるような動きが教育現場や他の公的機関でもあることについて、特に問題視しています。
    これについては4月上旬までを目安に、この問題はマスクをつける、つけないの問題ではなく、人権問題である、ということをしっかり発信していきたいと考え、より多くの保護者の皆様に手にとっていただけるようにと、小冊子の制作に取り掛かっています。

    これは実際にノーマスク宣言を実施したご家庭での体験がベースになったものであり、読む人にとって他人事では済まされないという感覚に訴えるものに仕上がってくるだろうと思います。

    このプロジェクトの中心になっているのはリトラボ大竹支部長谷元有美さんです。他2名のリトラボ幹部で脇を固めながら、挿絵作家の小松千尋さん、ライターの方にお力を添えていただいてます。

    ワクチンの3回目接種が進行する中、5歳から11歳の子どもたちへのワクチン接種が各自治体で開始しています。どうにかして子どもたちへの接種は思いとどまってもらいたい。感染を恐れる必要はないことを伝えたいという気持ちも持っています。

    そして、マスクの必要性も全くないことを伝えていきたいです。

    間違った感染予防対策によって失われた2年半を取り戻すことはできませんが、
    それならばせめて、この2年半で体験した不遇を学びに変えていきたいと思うのです。

    今、他の団体様からリトルレボリューションへその活動報告などを講演いただきたい、というご要望もいただくようになりました。
    5月には北海道にて講演をして参ります。

    以下、ご協力・拡散お願いします!
    現在759件のご回答をいただいてます!
    調査開始から1週間目となる22日までに1000件のご回答を
    いただくことが目標です。

    子どものマスク着用下における
    心身への負担や健康への被害実態調査
    (調査期間)3月15日から3月29日
    https://forms.gle/QNCHd8PkT9vcJqXL6

    カテゴリー
    レポート

    リトレボ 子どものマスクに関するアンケート集計結果

    2022/3/15〜3/29で全国的に実施したアンケートでは多大なご協力をありがとうございました。
    アンケートの有効回答数は1596件でした。
    ご回答いただきましたみなさまに改めてお礼を申し上げます。

     教育機関や行政との話し合いの場でご活用頂ければと考えております。

    PDFでご活用を希望の方がおられましたら、
    下のメールボタンより、ご連絡ください。
    1.再配布をしないこと(印刷物の配布はok! pdfの再配布はご遠慮ください。ご自分のHPに掲載したい場合などはご一報ください。)
    2.画像だけの抽出など加工をされないこと
    3.使用目的をお伝えいただけること

    をお約束いただいた上で、無料でお渡ししようと考えております。
    注:ご利用目的などによってはお渡しできないことがあることも合わせてご了承いただければと思います。


    また、コメントなどいただけますと大変励みになります🙇‍♀️

    子どものマスクアンケートReport